• スライド1枚目
  • スライド2枚目
  • スライド4枚目
  • スライド5枚目
  • スライド6枚目

洞岩寺の樹木葬、「樹林葬墓苑」

洞岩寺では、お墓や葬儀についての様々なニーズを読み解き、将来にわたって支持していただける新しい形態、樹木葬の墓地事業をスタートしました。
そのために、ヒノキ林として放置されていた知久頼康の丘の杜の再生を試みています。
里山の豊かで賑わいのある森を創り出し、そこを樹木葬墓地として管理運用していきます。将来は山そのものが皆様のお墓になるように「樹林葬墓苑」と名付けました。
これからの社会で活躍し、幸せになろうとする方たちを応援するお墓です。

家族とともに

明るい森の中を行くとその先に樹木葬の墓地区画が並びます。大きな墓石は建てません。代わりに、そこに眠る方の名前を刻んだ小さな石のプレートが置かれます。
墓地の利用形態は、従来の檀家制度とは異なります。一人でも、ご夫婦でも、そして代々のご家族でも使えます。皆さまそれぞれのお考えに合った使い方ができます。一区画の面積が大きいので埋葬できる数に制限はなく、ペットの埋葬も可能です。

土に帰っていく「自然葬」

故人の遺骨は、それぞれの区画の土の中に直接埋葬します。長い年月をかけ、遺骨は形を無くして大地の一部になっていきます。肉体は本当の意味で自然に帰り、土となり、風となります。
命はいつか失われますが、その存在はなくならず、この墓地を通じてまた新しい命の一部となっていきます。そうした安心感があり、命はめぐるという仏教の自然観を体現するお墓です。

樹木葬墓地事業に託すること

現在の洞岩寺伽藍の後ろを守る丘。武田信玄と激戦を交わしたかつての戦国武将、知久頼康はこの丘の眺めの良さから、ここに山城を設けていたと考えられます。
日本でも稀有な大河岸段丘と、中央アルプスを一望できる地理的条件は、格別の眺望をこの丘にもたらしてくれます。
洞岩寺は、この丘の存在意義に着目しました。
丘全体を里山のような墓苑として作り管理することで、一般の開発を未然に防ぐことができます。
そして将来、豊かな植生が育まれることを目指します。
参拝の方々や地域の皆さまが気軽に遊びに来て、眺めに感動し、心を癒す現代の里山です。

計画の概要

樹林葬墓苑は、洞岩寺本堂の東側の丘、標高約600mの場所に開かれました。(平成31年春開苑)周囲のヒノキ林は管理保全、苑内では樹林を伐採し明るい空間を確保しました。
総面積約2,300㎡、総区画数は416区画を予定しています。
墓苑の1区画の大きさは、間口1.2mx奥行1.2m。中心にプレート状の石碑を置きます。
各区画は何人ででもご利用いただけます。
丘のふもとから苑の入り口へは舗装した参道が通り、中腹から頂上までの苑路そして苑内は歩きやすい芝生としました。
ベンチを設置した丘の頂上からは、眼下に天竜川、正面に中央アルプス(木曽山脈)を望む大パノラマが広がります。かつて武田勢を待ち構えた知久氏が見た光景そのものです。この墓苑は「この土地が持つ史実を、変わらぬ景色を以って語り継ぐ場」となり、地域資源の保全の役割をも果たします。

永代供養

洞岩寺樹林葬墓苑はご遺族に負担のない永代供養墓です。
没後、ご遺骨を洞岩寺にお納めされた後、お墓の維持管理とご供養を洞岩寺で行います。
墓じまいの心配もありません。
※飯田市近辺の方は提携葬儀社(終活サロン蓮花)に事前にご相談いただくことで、葬儀費用やお一人で暮らしている方の没後のご心配事にも対応することができます。

樹林葬墓苑 フォトギャラリー

2019年2月 開苑しました。

冬季の工事が終わり、残すは芝張りのみとなった墓苑。
当初の計画通り中央アルプスが良く見渡せる美しい墓苑になりました。
申込受付中。
お申し込みにはまずお問い合わせフォームから資料をご請求いただき、
ご見学いただいてからご検討の上、正式なお申し込みとなります。
洞岩寺の職員がご案内いたします。お気軽にご見学ください。

申込み費用

一区画につき一人目の申し込み
区画使用料500,000円(非課税)

〔内訳〕
使用権 埋葬から33回忌までの墓地使用及び永代供養料
管理費 墓地管理方針に基づく管理に要する費用
埋葬費 埋葬行為料、埋葬用の布代、事務手数料、データ管理費、石碑代(石碑1個分)
その他諸経費 名簿登録、証明書類発行費用

一区画につき二人目以降の申し込み
1名につき200,000円(非課税)

〔内訳〕
使用権 埋葬から33回忌までの墓地使用及び永代供養料
埋葬費 埋葬行為料、埋葬用の布代、事務手数料、データ管理費
その他諸経費 名簿登録、証明書類発行費用

※上記費用は洞岩寺への布施、寄進にあたります。

ペット納骨
20,000円(税別)

ペット納骨は1回の埋葬時に1穴(約直径30センチ)に収まる御遺骨の数であれば上記費用で執り行います。

洞岩寺について

曹洞宗長松山洞岩寺

洞岩寺は、鎌倉中期に開創した古刹です。戦国時代に神之嶺城主知久頼元の嫡男、知久頼康を開基に仰ぎ、再興されました。頼康公のお墓も洞岩寺にあります。宗派は曹洞宗、永平寺(福井県)と総持寺(神奈川県)を両大本山とします。教義は、威儀即仏法とも修証一如とも言い表され、日常生活の中に悟りがあるという教えです。現在の住職は第二十五世にあたります。これまで、地域の様々な要望に答えるべく伽藍の整備につとめてきました。今では、仏事全般を執り行うことのできる大伽藍を擁する寺院となりました。これからも時代にふさわしい寺院運営を行い、地域の資産として長らく洞岩寺を護持してまいります。

洞岩寺の位置

洞岩寺の位置する豊丘村は、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那盆地にあります。自然豊かな南信州。水にも囲まれ、農業の盛んな地域です。アクセスには中央自動車道や、JR飯田線を利用していただきます。現在リニア中央新幹線の計画が進行しており、長野県駅が開発される予定があります。

曹洞宗長松山洞岩寺

所在地 〒399-3202
長野県下伊那郡豊丘村神稲1370(地図はこちら
電話番号 0265-35-3402

縁日・祭事

初牛歳 2月
大般若会 4月21日
施食会 7月28日
除夜の鐘 12月31日

ご案内

全館冷暖房完備
本堂椅子100脚
庫裡机・椅子114脚
大駐車場完備(約60台可能)
通夜・葬儀・法事等、全てのご供養を
執り行うことができます。

霊場・札所

伊那秩父観音札所第十番札所

お知らせ

8月25日特別見学会

2019-08-28 17:50:00
先日開かれました樹林墓苑見学会に多くの方にお越し頂きました。 着て頂いた方の御顔を見てお話ができる大変貴重な体験をさせて頂きました。 次回8月31日土曜日開催予定です。お気軽にご参加下さい。

交通アクセス

お車の方

  • ・飯田市中心部(飯田市役所)から約25分(約10㎞)
  • ・松川ICから約25分(約10㎞)
  • ・伊那市役所(中央道経由)から約50分(約39㎞)

JRご利用の方

  • ・JR市田駅から徒歩22分/タクシー5分(約1.7㎞)

高速バスご利用の方

長野方面から 長野道松本インター前→約1時間19分→高速バス停留所「高森」→タクシー 約12分(4.8km)→洞岩寺 名古屋方面から 名鉄バスセンター→約2時間6分→高速バス停留所「高森」→タクシー 約12分(4.8km)→洞岩寺 名古屋太閤口→約1時間54分→高速バス停留所「高森」→タクシー 約12分(4.8km)→洞岩寺

遠方より公共交通をご利用の方は高速バスが便利です。新宿、横浜、大阪、京都、長野からも高速バスがあります。詳しくはお問い合わせください。

関連リンク

信南高速バス 長野線 信南高速バス 名古屋線
トップに戻る
/

樹木葬・樹林葬墓苑|曹洞宗 長松山 洞岩寺 (長野県下伊那郡・飯田市近辺)

樹木葬・樹林葬墓苑の洞岩寺公式ホームページです。長野県南部、飯田市近くです。中央アルプスが良く見渡せる美しいお墓が誕生しました。

2019.09.22 Sunday